2013年1月8日火曜日

Ainol NOVO7 FireのCyanogenMod 10.1 2013-01-05にアップしてみました。

Ainol NOVO7 FireのCyanogenMod 10.1 2013-01-05にアップしてみました。
他の方も書かれていますが、
TWRP v2.3.3.0 touch recovery from TeamWin
http://www.slatedroid.com/topic/41030-recovery-twrp-v2330/

別ファイルとして提供されているfactory resetを
実行して成功しました。

http://www.slatedroid.com/topic/41510-rom-cyanogenmod-101-for-elf-ii-aurora-ii-crystal-flame-fire-2012-12-21/
を読むと
If you wanna wipe internal memory content you can flash this file.
の記述のファイル
format-internal-memory-avnftli1.zip
は適用してませんが成功しています。

注意点はTWRPのファイルを自分の端末にあったものにする。
自分の場合はFire TM (for JellyBean 4.2 and comp zip >= 1.1)
このファイルを解凍してmicroSDカードに入れる
http://www.slatedroid.com/topic/41510-rom-cyanogenmod-101-for-elf-ii-aurora-ii-crystal-flame-fire-2012-12-21/
の2013-01-05のファイルから自分の端末にあったものを解凍せずそのまま入れる
自分の場合はFireでTMでsingleユーザーなので
Rom
Gapps
Compatibility zip Fire TM 1.1
を入れる。

自分の端末とsingleかmultiか、Fireなら液晶の種類を間違えないようにしましょう。

このファイルを入れたmicroSDカードを挿入し、電源を落としてから電源プラスボリュームーで電源をonにすればTWRPのメニュー画面がでてくるので、あとはwipeメニューから一応cacheやsystenをwipeをしてからinstallメニューから
factory reset
rom
Gapps
Compatibility zip
を適用しRebootをすればうまく適用できました。
format-internal-memory-avnftli1.zip
をしなかったのはちょっと気になりますが、今回は特に問題なさそうなので次回の記述にあればしてみようかと思います。
起動後の挙動は安定しているように思えます。

ファイルの種類と端末は良く確認しましょう。自分は文鎮化をしたことはありませんが、同じやり方をして失敗しても責任もてません。
英文サイトを良く確認して実行することをおすすめします。
もしくは他の方のわかりやすいアップ報告などを参考することをおすすめします。


0 件のコメント: